貯める力を育てる

 

日々の生活であっという間になくなってしまうお金。生活費だけでなく、クリスマスや誕生日などのイベントに加え、家電の故障など突発的な出費もあるとなおさら貯めることは難しいです。

当ブログの「お金を貯める」記事については、かつて筆者が悩み、調べ、試行錯誤たものを集約させています。

少しでも貯めることに対する意識を変え、効率的に経済的余裕を持ってもらうためのノウハウを記載しています。

結論からお伝えすると、貯める力を付けるためには、「記録」「節約」「ポイント活動(ポイ活)」の3つが効率的です。

下記に、それぞれについて解説します。

記録(家計簿)

お金を貯めるためには、家計簿が必要。おそらく誰でも知っていることではないでしょうか。

しかし、実際に家計簿を付けている人は少なく、家計簿を付けたとしてもお金が貯まらない人も大勢います。

まずは家計簿を付ける必要性について考察しました。

家計簿の必要性についての詳細記事はこちら

また、家計簿を付ける際には、記録に手間と時間を割かないことが大切です。
現代においては家計簿アプリが充実しているため、その中でも利用者数が多い「マネーフォワードME」について解説しています。

マネーフォワードME無料版の記事はこちら

マネーフォワードME有料版(プレミアムサービス)の記事はこちら

家計簿を付けたら、1か月間の集計を行いましょう。この時点では、家計簿はただのデータに過ぎません。

過去の支出を、あなたの価値観に沿った軸で「良い消費」「悪い消費」に振り分け、今後につなげましょう。また、将来の支出見込みを立てることで、予想の精度が格段に高まり、結果的に貯金の水準が上がります。

節約

節約は文字通りお金を使わないことですが、「必要なことにお金を使い、不要なものにお金を使わない」を目標に、各々の特徴と費目別の具体的な節約方法を記載しました。

変動費の節約についてはこちら

固定費の節約についてはこちら

特別費の節約についてはこちら

ポイント活動(ポイ活)

ポイント活動(ポイ活)は、近所のスーパーやドラッグストアのようなポイント収集から始まる「チリツモ系」から、楽天を使った錬金術やマイルを使ったレバレッジのように、爆発的に貯まる仕組みもあります。

筆者は「節約してお金を貯める一方で、家族の旅行は楽しみたい」という価値観のもとで、以下の楽天ポイント、ホテル系のMarriottBonvoyポイント、ANAマイルを意識的に貯めています。

楽天ポイント

楽天経済圏についてはこちら

楽天SPUについてはこちら

楽天お買い物マラソンについてはこちら

Marriott Bonvoyポイント

MarriottBonvoyポイントは、マリオット系ホテルチェーンの利用、および提携の航空会社のマイルへの交換も可能なポイントです。このポイントを貯めることで、リゾート系のホテル宿泊代を大幅に節約することが可能です。

通常のMarriott会員になるだけでなく、ゴールドエリート会員資格を持つSPGカードを保有することで、より還元率の高い特典を受けることが可能となります。

SPGカードについてはこちら

航空系マイル

航空系会社のポイント制度「マイル」は、貯めたマイルで飛行機代を賄えるという極めてコスパの高いものです。

通常の航空系クレジットカード利用や飛行機利用では、なかなかマイルが貯まりませんが、ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに換えると、驚くほど高還元でマイルを貯めることができます。

筆者はANAの上級会員「SFC」ホルダーであり、マイルの価値、マイルの貯め方について解説します。

マイル価値についてはこちら

ポイ活の方法3選

大手ポイントサイト3社についてはこちら

モニター案件についてはこちら

マイル変換に必要な「東急ルート」についてはこちら