くらし・育児

子育ては「無理ゲー」なのか?経済的、身体的に辛い子育ての原因と対策

終わらない家事、泣き止まない夜泣き、子供に振り回される毎日。

ママは疲労困憊、そして、頼みのパパも疲れて不機嫌なまますれ違いが起きてしまう。

子供を授かる前に描いた「幸せな生活」とは真逆の状態。なぜ、こんな事になっているのでしょうか?

実は、昔よりも今の方が「育児」のハードルは上がり「無理ゲー」と化しています

理由は、1馬力では経済的に苦しくなり共働きが当たり前となった一方で、育児に対する価値観が、家庭においても、社会においても昔のままだからです。

 それを知らずに無理ゲーを続けていくと、育児ノイローゼを招いたり、ややもすれば離婚の危機に瀕してしまいます。

この記事では、無理ゲー化している要因を「世帯構成」や「平均所得」の推移から分析し、攻略法を解説します

また、当サイトは「忙しい育児中の家庭でも、時間とお金を創出し、パートナーと良好な関係を築く」をテーマにして、以下の3点を追求しています。

運営者ぷプロフィール

2つの統計から推察される、現代の無理ゲーとは?

人口減少社会なのに、核家族世帯は増加中

「国民生活基礎調査2019」より抜粋

まずは世帯全体の傾向です。実は、子供のいる世帯が減っている一方で、核家族世帯は増加傾向が続いています

核家族は、2世代家族に比べて個人の自由度が増しますが、子供の世話ができる人手は少なくなります。

核家族では、外出の支度やトイレなど「ちょっと見てて!」と言いたくなることもカバーできません。

そして、子供が風邪を引くなどのアクシデントが起こると、途端に家事が回らなくなる、脆弱なバックアップ体制になっていると考えます。

自由度が高い分、ママとパパにかかる負担も自然と大きくなり、その結果、イライラの絶えない環境が生まれていると考えます。

経済的にも苦しい?下がり続ける手取り収入

次に、経済的な要因を挙げます。下図は年収700万円(平均よりも上の所得)サラリーマンの税引後所得(手取り)2002年~2017年の推移を示していますが、明らかに減少傾向にあります。

理由は、給与は上がらない一方、給与から控除・徴収される税金が増えているからです。厚生年金保険や雇用保険に加え、所得税、住民税を給与から引かれます。さらに手取り給与から物やサービスを購入するため、消費税を徴収されます。

下図は、税金と手取り収入の推移を試算したものですが、額面年収700万円で手取りが約50万円も減っています

出所:DIAMOND ONLINE同じ年収でも「手取り」は15年下がり続けている 2017.12.21)

この他、年収1000万や1200万円などの高所得者については、高額な納税をする一方で、
子供手当の廃止や高校無償化対象除外など恩恵を受けられず、「子育て損の働き罰」というフレーズが飛び交う状況です。

共働き世帯の増加要因を考える

手取り収入が減っているからと言って生活水準を下げられるほど、人は強くありません。
夫婦で働き、子供を保育園に入れ、なんとか生活水準を保っている家庭が多いのではないでしょうか

共働きだと家計の所得は増加します。とても良いことですが、子供にかけられる時間は激減します。親子のスキンシップの時間が減るだけでなく、仕事からも育児からもストレスを受けると、余裕がなくなるという副作用が起きてしまいます。

子育てはトラブルの連続です。トラブルのない日なんて無いに等しい。心の余裕がなくなると、トラブルに対して過敏に反応するなど悪影響も出てきます。

育児という無理ゲーの攻略法

育児が無理ゲーであるとして、私なりに攻略法を考えてみました。基本的な内容も多いですが、意外とできていない部分もあるのではないでしょうか。ここからは、育児経験者として「いかにして無理ゲーを攻略するか」をお伝えします。

育児>家事>自分の構図を変える

まずは優先順位付けです。ほとんどの家庭が育児を最優先にして、家事が終わったらようやく自分が休める、という状態かと思います。しかし、健康第一、身体は資本です。自分の健康>育児>自分のタスク>家事という構図にしなければ、負のスパイラルに陥ってしまいます。特に産後間もない時は、家事よりも育児よりも自分の健康を優先してください。その手順を記載します。

睡眠不足を解消する

まずは睡眠時間です。上記の通り、自分自身の体調を整えることを第一に考えてください。そして、乳児を育てる場合は特に注意する必要があります

夫婦別室で寝る

筆者は経験済みですが、同じ寝室で2人で乳児の面倒を見ることが普通と思っていました。しかし、同室で寝ることには「夫婦共倒れ」のリスクがあります。

夜泣き対応で2人ともぐったり、結果的に互いがギスギスしてしまうようなら、
片方が幼児を引き取り、片方がまとまった時間を確保すべきと考えます。事実、1人目の途中から夫婦別室での就寝に切り替えました。

実家の親を召喚して3交代制にする

3人目の育児でやっと実現できたことですが、ママの睡眠時間を確保するため、実家の親に来てもらいました。日中は義母に見てもらい、パパは21時~24時に面倒を見て、3時間×2セット寝てもらいました。
十分とは言えませんが、まとまった時間を定期的に作ることは大切です。
(睡眠時間は多ければ多いほど良いですが、後日の仕事に支障が出ると本末転倒です)

時間を創る

2つ目は、不要な時間を極力減らすこと。ムダな時間というと漠然としますが、ここでは「人と関わらない家事」と定義します。具体的には、「洗濯」「皿洗い」「掃除」を指します。1人で黙々と作業するものですから、時間と労力をかける必要はありません。お金はかかりますが、十分に見合うと考えます。

詳細は下記のページに記載していますが、ここでは抜粋をご紹介します。

「やらない家事」を作る

普段は無駄と感じていない家事でも、実は見直しが可能です。具体的には、タオルを畳まない、洗濯物を畳まない(ハンガーのまま収納)、お米を洗わない(無洗米)など、ちょっとした手間を省くことで、まとまった時間を創ることが可能です。

時短家電を買う

特にドラム式洗濯機がおすすめです。
その他、食洗器、掃除機など、人との関わりが少ないものはアウトソースしてゆっくりできる時間を作りましょう。

「お惣菜の日」を決めておく

ご飯は買い物や作る時間だけでなく、「献立を考える時間」もあります。これが曲者。1日中ご飯の事を考えることもあり得ます。週に●日は総菜とか、「マッ●の日」などを作り、体力はもとより、料理に捕らわれる時間を減らして体力を温存しましょう。

ママのひとり時間を作る

半日レベルでママに出かけてもらうことはリフレッシュしてもらう意味で非常に有効です。
(できれば自宅内、自宅外の両方)美容院に行ってもらい、カフェで一服した後に晩御飯のお惣菜を買ってもらうなど、リフレッシュと家事を合わせることがおすすめです。

ママの時間を作る方法はこちら

お金を作る

お金は多い方がいい、しかし案外、貯まらないのが実情です。しかも、家族の支出管理は、1人暮らしよりずっと難易度が高いです。理由はパパとママの価値観が違うことで、同じものを買うにしても、「消費」「浪費」「投資」の定義が異なるためです。

当ブログでは、時間の創出、家計の改善をメインテーマとしています。異なる価値感を持った家族が、どのようにして家計を改善できるかを考察した記事を記載しています。

お金の貯め方の基本は、記録と節約です。当ブログでは、この2つの基本の他、ノーリスクでも貯められる資産性の高いポイント収集(「ポイ活」と呼びます)もメインの方法としてご紹介しています。

①節約、②節約、③ポイ活を軸に、筆者は1馬力でも年間300万円貯金をしています。その方法や実際の家計簿を公開していますので、下記のページを参考にしていただければと思います。

まとめ

昔と比べて「育児」は夫婦にとって「無理ゲー」です。攻略のためには、「夫婦で」「体力と時間」「お金」を作りだして余裕を作る必要があります。

育児は我慢比べではありません。核家族化が進行する現代において、育児は夫婦の試練です。子供が親を頼るのは案外短い期間ですが、そんな事を言ってられる余裕はありません。
時間とお金をやりくりして、少しずつでも余裕を作ることができれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

日本ブログ村バナー